Loading Events

« All Events

デトロイト美術館 日本ギャラリーオープン記念「日米『絆・発見』」バスツアー

Friday, November 3, 2017 1:00 pm - 5:30 pm

Free

JBSD会員各位

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、Viewsでもお知らせしております通り、11月4日の

デトロイト美術館における日本ギャラリーの一般公開、ならびにJCD(Japan Cultural Days) イベントに先立ち

まして、日本と米国の絆発見の特別記念バスツアーを以下の要領で開催致します。 敬具

日時:2017年11月3日(金) 午後1時出発~午後5時30分

出発・帰着場所:Nissan North America, Inc.の駐車場

39001 Sunrise Dr., Farmington Hills MI 48331 -添付地図をご覧下さい。

Nissan North America, Inc.様のご好意により駐車場をご提供いただけることになりました。 

募集人数:50名

対象:JBSD会員とその家族(会員企業の従業員とその家族も含む)

申込方法:下記申込ボタンよりお進みください。(JBSD登録会員以外の方は非会員となり、イベント登録が必要となります)

参加費:無料。先着順。

申込締切:10月24日(火)ただし、先着順ですので定員になり次第締め切らせていただきます。

問合せ先:JBSD事務所 (248) 513-6354  jbsdmich@jbsd.org

訪問場所:

1) デトロイト市児童博物館(Detroit Children’s Museum)

2) フリアー・ハウス(Freer House)

3) デトロイト美術館 (DIA) の新設された「日本ギャラリー」

概要:

1) デトロイト市児童博物館(Detroit Children Museum)

ここに1927年より保存されている日本の答礼人形「秋田蕗子」をご覧いただきます。

答礼人形とは、第一次大戦前日米の関係が、米国での移民法が出来上がったことで、危機的な状況に近づいている

ことに憂いた米国の宣教師ギューリック氏が、米国から1万3千体にも及ぶ「青い目の人形」を日本へ送ったことに発し、

民間努力で国家間の友好の絆を作ろうとしました。日本側はその贈り物を受けて、時の澁澤榮一氏が58の市松人形を

工芸師らに作らせて、米国の各地にそれをクリスマスに間に合うようにと送ったものです。そしてデトロイト市には

秋田蕗子(Miss Fukiko Akita)が送られてきて、以来デトロイト児童博物館に保存されてきました。その後二つの大戦

という悲しい戦争の時代を経て、日本にあった1万3千体の人形は多くが焼失や処分をされたのですが、米国に送られた

答礼人形はその48体までが現存していると確認されています。秋田蕗子も素晴らしい状態でデトロイト市は保存を

してきてくれました。日米の親善の証として見ごたえのある人形です。

2) フリーア・ハウス(Freer House)

1880年から1900年の間に、デトロイトで列車の貨車作りで財を成した、チャールズ・フリーア氏の歴史的な家を

訪問します。彼はその財をアメリカ美術のほか東洋や中近東美術の収集に注ぎ、特に日本美術品でも一級のものを

多く購入しました。日本美術品が世界的な評価を受けることに心血を注いだボストンのフェノロサ氏(のちの東大教授)

はフリーアと親交があり、フリーアの日本美術コレクションのコンサルタントでもありました。19世紀後半にヨーロッパ

で流行ったジャポニスムの影響を受けた代表的画家にマネ、ドガ、ゴッホ、モネなどがいますが、フリーアがパトロンで

あった米国人画家ホイッスラー(James Whistler)もその一人で、日本へ行って本物の日本美術を鑑賞することをフリーア

に薦めたのもホイッスラーでした。フリーアの収集した美術品はすべて、米国国家に寄付され、現在はスミソニアン博物館

の中のFreer Galleryに所蔵されています。

このツアーではフリーア氏の家を訪れて、長くデトロイト地区で芸術活動を進めてきている弘子・ランコアさんの興味ある

作品を見ていただけます。

3) デトロイト美術館 (DIA)に新設された日本ギャラリーの訪問

11月4日の一般公開に先立って日本ギャラリーをご覧いただけます。

2013年にデトロイト市破綻とともにDIAも破綻しましたが、その翌年日本コミュニティ(企業・個人)から$3.2Mという

多大な寄付金も入り、現在DIAは独立法人としてミシガン州民のための美術館として再生の途上です(2014年のグランド

バーゲン)。この寄付金の一部はJBSDの意図もあり、新たな常設の「日本ギャラリー」の設立費用に充てられました。

この日本ギャラリーが11月4日に一般公開されます。これまで所蔵倉庫に眠っていた日本美術品が常設ギャラリーに順々

展示されます。

また日本ギャラリーの横には併設展示として、日本の有名インテリアデザイナーの故・内田繁氏のデザインによる茶室

「行庵」、そして日本の祭りを象徴する「山形神輿」が「日本情緒展示コーナー」として臨時展示されています。

この茶室「行庵」と「山形神輿」は、日本ギャラリー開設を祝してのJBSDよりDIAへの寄贈品です

<特別バスツアー案内>

各イベントお申し込みはコチラから

Details

Date:
Friday, November 3, 2017
Time:
1:00 pm - 5:30 pm
Cost:
Free
Event Category:

Venue

Nissan North America, Inc.
39001 Sunrise Dr.,
Farmington Hills, 48331

Organizer

JBSD
Phone:
248-513-6354
Email:
jbsdmich@jbsd.org
Website:
www.jbsd.org